Toggle navigation
  Posted: Jul 8, 2012 11:29 AM FEED
53
5 Brannan

More posts from this user

User Image 3inowayosuke Posted: Nov 23, 2017 11:00 PM (UTC)
127
0 Normal
■ホワイトボードの記録
実家にいる。これから出社するが父親と一緒に家を出るタイミングになりそうだが父親はそれを嫌がり、
「俺より早く出るつもりか。」
と競う様に準備をしている。私は一階に降りて祖母の話を聞いていると父親は先に出てしまった。
大岡山駅に着き上大岡へ向かうため市営地下鉄へ乗り換えするが、階段が地下深くまであるため次の列車に間に合うかわからない。ギリギリのところで乗り込むが階段近くの車両だけ異常に混んでいる。車両全体が混んでいるのかと思ったが私の周りだけ混んでおり、避けようとして移動すると追いかける様にそこが混む。私を追い出そうとしているのだろうか。前にいる人が携帯電話の画面をチラチラと見せる。私がそれを見るのを見計らい、怒鳴ってくるのだろう。そんな魂胆が見えるため出来るだけ目を逸らした。
会社が終わった後に中野に向かう。
駅で降りると喧嘩があった様で人だかりが出来ている。少年が何やら雄弁に語っている。
「誰も現場を記録しないから僕がリアルタイムに書き起こしたんだ。」
と言う。そのホワイトボードが物的証拠になるのかはわからないがヒントにはなるのだろう。取材陣の話は途中から面接や話しにエスカレートした。
辺りを見回すと見覚えのある顔の青年がいた。高校時代の友人の東村君が見ている。せっかくなので話そうかと思ったが、
「これから中野に行くんだ。」
と伝えてその場を去った。乾君に会う約束をしていたためどうせなら一緒に来ても良かったかと思い返す。どうもそういうところが不器用だと思う。今は午後二時二十分なので約束の午後三時に間に合うだろうか。
#本 #文庫本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 20, 2017 11:11 PM (UTC)
240
10 Normal
■みぞが埋まるくらいに

毎日が退屈だと感じたら

見落としがちな出来事

電車ですれ違った人のネクタイ

階段の注意書き

会議室の椅子のメーカー

くつの裏の模様

祖母のマフラーの柄

床に落ちているごみ

エレベーターの張り紙

友人の口ぐせ

昼食のメニュー

コンビニのレジ前に並ぶ商品

押入れの棚の中身

うどん屋の札の色

小銭入れにある百円玉の年号

隣の席の人の靴下の色

社食の湯のみ茶碗の模様

今日の占いの結果

今日の車掌の苗字

近所の子供の自転車の色

マンホールの模様

信号のメーターの本数

今朝机の上にあったもの

毎日すれ違う車のナンバー

信号の並び順

今朝のコップの色

自販機のコイン投入口の向き

着ているシャツのボタンの数

毎日はもっと豊かだから

188ページ

文庫サイズ

#本 #今日というより凶な今日 #みぞが埋まるくらいに
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 15, 2017 11:01 PM (UTC)
203
0 Normal
■掃除
駅の掃除をする。ホースを使って水浸しにして溜まっている汚れを線路に流し込んでいく。
何で掃除しているのだろうと振り返るが、床がきれいになっていくのは見ていて気持ちが良い。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 14, 2017 11:09 PM (UTC)
175
0 Normal
■ポスト
会社の二〇二のポストにプレステが入っている。気になったが素通りしてエレベーターに乗る。
意識がポストに集中していたせいかエレベーターのボタンを押し間違え六階に行ってしまう。
エレベーターに居合わせた伊波さんが、 「普段は何時に帰るんですか?」 と聞いてくる。そう言われて最近は随分と早く帰る様になったと思う。不意にエレベーターが揺れたためよろけた伊波さんを抑えた。少し不安になったかが扉が開いたためすぐに出られて安心する。
会社の石浜さんがエレベーターの不具合を調査している。こういう時に頼もしいと思える。エレベーターの周りには人だかりが出来ており事態は大ごとになっている様に見えた。
私は人だかりを避けてぐるっと階段を回ると、すでにプロジェクトの振り返りが行われている時間だった。
「説明が難しいと思うが、食の使いやすさと思ってもらえれば良い。」 森平さんはプロジェクトの振り返りをしていたが、白髪はさらに進行しており変な髪型だ。これで進行をするなど変な感じだ。
会議室には浦本さん、新型くん、品川先生がすでに来ていた。私は遅れて参加したので居心地が悪い。プレステなんて拾わなければ間に合ったのにと後悔する。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 13, 2017 10:57 PM (UTC)
217
3 Normal
■見積もり範囲外
昔の仕事で一緒になった石成さんと小学校の噴水で打ち合わせしている。 打ち合わせの内容はレポートの修正依頼だ。石成さんが言うには、 「本当だったら、この修正は結構工数がかかるので見積もり範囲外ですよと言って断りたかったくらいなんだけどね。」 と言っていた。そう言いながらも大量の修正依頼を出してくるのは、昔と変わっていない。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 12, 2017 11:04 PM (UTC)
173
15 Normal
■鬼ごっこ
数学の授業がある。私は急いで教科書を持ち教室へと向かった。
授業が始まると数学2Bの授業だということがわかった。私が持ってきていた教科書は数学の1Aの教科書だったため間違えてしまった様だ。
授業の内容にはついていけないが、教科書を間違えたことを見つからない様にやり過ごすことにする。
先生はそのことを目ざとく察知したらしく、授業が開始してすぐに私の席のところに来た。私は教科書を閉じ1Aと書いてある部分をノートの一部で隠した。
先生は、 「60円で教科書貸してあげるよ。」 と言った。早速お金を払い教科書を借りたが隠していたのが馬鹿らしくなった。
方程式の解法が地図帳のオスロの緯度経度から導きだすもので全く授業についていけなかったので諦めかけていたが、先生はペラペラの出席カードを渡してくれた。
家に帰るとマンションの前に変な男がいて受話器を片手に持っている。こちらの家に帰るのはまずいと思ったためフクオカマンションの方に帰ることにする。
フクオカマンションの前には電話ボックスが置いてあるが先ほどの受話器が取れており先ほどの男はここからもぎ取ったことが予測された。つまり男はここに戻ってくるということだ。
「助けてくれ。」 と叫びながら走り、弟の友人の住む家に駆け込んだ。
家は鍵がかかっていなかったため入れたが誰もおらずもぬけの殻になっている。引っ越したのだろうか。ベランダの窓が開いており、弟と友人はどうやらそこから逃げた様だ。鬼ごっこと勘違いしている様で私から逃げている。
弟と友人はベランダの外からこちらを見ており逃げる用意をしている。そういうことではない。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 12, 2017 10:12 PM (UTC)
229
16 Normal
■みぞが埋まるくらいに
新作できました。
短編集です。
隙間時間にどうぞ。

お湯が沸くまで

歯磨き中

お風呂が沸くまで

ストレッチをしながら

電車待ち

CM待ち

アップデート待ち

電車待ち

診察待ち

注文待ち

コーヒーを入れながら

お灸

お風呂に入りながら

188ページ

文庫サイズ

#本 #文庫本 #今日というより凶な今日 #みぞが埋まるくらいに
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 8, 2017 11:05 PM (UTC)
194
3 Normal
■七五三
いとこの女の子が七五三ということで、家に遊びに来ている。七五三だからか、赤い着物を着ていて華やかだ。
私は二階でカップラーメンを食べていたのだがその隣に来て、
「これからこわい人がくる。」 と告げた。何のことかと思ったがどうやらお祝いに来る別の親戚のことらしい。 「おでこがこわいの、あの人の。」 と言った。
人のことをそういう風に言ってはいけないと伝えようとしたが、普段はそういう事を言う子ではないので何かあるのだろうと思った。
親戚は黒いワンピースに白のブラウスで現れた。こんな親戚いたかは記憶に無いが双子の男の子を背後に連れ、ふすまを開けて部屋の中に入ってくる。
親戚はカチューシャで髪を上げており、おでこを見るとあざが見えた。顔を見るなり冷や汗がでた。このことかと思い、私は挨拶もせずにすぐに別の部屋に移動した。
右の額は髪の毛で隠れていたが、そちらにも青あざがある様に見えた。明らかにあれは鬼だ。いとこの女の子の予感は的中していた。
祖母に相談しようと思うが、食事の用意で忙しそうにしている。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 7, 2017 11:04 PM (UTC)
178
2 Normal
■二羽のうさぎ
うさぎを二羽拾ってくる。腕の中に大人しく収まっており可愛いらしい。家に帰ってくると怯えているのか二羽はくっついていた。
家の中が珍しいのか震えているが好奇心旺盛な様であたりを必死に探索している。しかし、飼い方がわからない。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 6, 2017 11:03 PM (UTC)
158
0 Normal
■分け前
宮城くんのバイトを手伝う。バイト料は七万円とかなり高いので分け前をもらえる。
私は宮城くんの自転車の後ろに乗りながらもらったお金を数えた。阿佐谷の実家についた後宮城くんと別れたがそれ以降宮城くんには会っていない。
こたつに入り家族にお金を見せるがこのお金は果たしてもらってよかったのだろうか。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 5, 2017 11:06 PM (UTC)
195
2 Normal
■セキュリティ証明書
会社で請求書を作成している。新しいフォーマットになりセキュリティ証明をつけなければいけないがそのつけ方がどうもわからない。
上司の小坂さんに伝えると、お客さんが通行するルートを知らなければ作成できないらしい。
どういうことかよくわからないが客先に通行ルートを聞くわけにもいかないのでネットサービスのルート探索を利用する。
「お客さんは吉祥寺からくるので、nret吉祥寺とフォームに書いて検索しなさい。」
と言われた。言う通りにするとタクシーを使った履歴が表示された。
「意外にもタクシーなんだねぇ。」 と上司は言った。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 3, 2017 2:22 AM (UTC)
277
17 Normal
■みぞが埋まるくらいに
三作目できました。今回は印刷方法を変えて表紙に箔を用いています。光が反射してキラキラと輝ききれいです。

ご予約頂いていた皆さま大変お待たせいたしました。

ご要望はプロフィールのwebサイトからできます。入力が手間に感じる方はDMにてご連絡頂ければと思います。

#本 #今日というより凶な今日 #みぞが埋まるくらいに #storesjp
User Image 3inowayosuke Posted: Nov 1, 2017 11:13 PM (UTC)
152
2 Normal
■キックボードの要領
足に力が入らなくなってしまったので学校に行けなくなってしまうと思うが、台車に乗れば動かなくても移動出来ると思い、少し遅れてしまうが学校に行くことにする。
ガラの悪い人たちが駅前に屯している。どうやらこの時間帯は外出しては行けない様だ。荷物を持って逃げようと台車に載せて走る。キックボードの要領で移動できるので歩くよりも早く移動できるが気づくと水槽が台車から落ちてしまった。
そもそも水槽なんて持っていく必要はないのに。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Oct 31, 2017 11:03 PM (UTC)
127
1 Normal
■18こ
灯油缶が18個ある。こんなに買って使いきれるのだろうか。すごく無駄なことをしてしまった気がする。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Oct 30, 2017 11:05 PM (UTC)
137
0 Normal
■料亭の席
大学に行く。久しぶりの人たちに会って嬉しくなる。
帰宅時にショートカットをしようと思い、塀から飛び降りたら13階だった。 まわりの人は叫んでいたが、木の枝に乗っかることができて落ちずに済んだ。結構焦ったが、身体はうまく動いてくれたと思う。塀を登って廊下に戻るとみんなは目を丸くしていた。
ご飯を食べるため場所を探す。校舎の中には料亭があり部屋の中に入る。席の位置が微妙だ。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Oct 29, 2017 11:04 PM (UTC)
188
7 Normal
■シート席
中田さんと阿佐谷のパールセンターを歩く。中田さんが好きなバンドがライブをやるらしく、それを見に行くことにする。
入り口にトラックがあり、そこにバンドメンバーが隠れていた。中田さんの好きなバンドは私が今までにみたことのない知らないバンドだ。
入り口付近にはダンボールが積まれており、金色の包み紙が転がっている。拾って中身を見るが、係員に制止された。 「触らないでください。」 明らかにただのゴミであったが、一体何に使うのだろうか。
会場に入ると席はまだ空いていた。みるみる内に客が入ってくるので、私たちも良い席を探した。席はぎゅうぎゅうになり、隣の人と押し合うように座る。左隣の人が女の人だったので触れない様に身を細くして席に着いた。
女の人はそれをいいことに、ゆったりとシートに座ったため、隣に座っていた中田さんが女の人に注意する。
「もう少しお互いに譲り合いません?」 女の人はムッとしたらしく、ぶつぶつと何か言っている。私が、
「そんなに気にしなくて良いですから。」 と言うと、
「気持ち悪い。」 と私の足をつねって退席していった。おかげでゆったりとシートに座ることができたが後味はよくない。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Oct 25, 2017 11:11 PM (UTC)
191
2 Normal
■待ち合わせ
会社の人と待ち合わせをする。パチンコ屋の前で待ち合わせをしていたのだが、どうやらこれからパチンコ屋に入るらしく気が進まない。
隣にいた妻を紹介する。 私は転職をし、元の会社の先輩がいる会社に入社することになる。大きな会社ではあるがなんか気持ちが萎える。
#本 #今日
User Image 3inowayosuke Posted: Oct 24, 2017 11:03 PM (UTC)
138
0 Normal
■過剰な同情
会社の人の家に行き、私の身の上の相談をする。同情してくれるのは良いが、少し同情が過ぎる様に感じる。
そこまでしなくても良い旨を伝えるが、 「あぶない。」 と言われる。今考えても意味がよくわからない。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Oct 23, 2017 11:04 PM (UTC)
160
7 Normal
■責任
トイレに入る。前の人が紙を使い過ぎて詰まっているのを放置している様だ。不快に思い水を流したが、詰まっている状態なので水が溢れ出てくる。
きっと父親のせいだろう。 水の勢いはとどまることなく部屋まで溢れる。これは掃除が大変だ。
#本 #今日というより凶な今日
User Image 3inowayosuke Posted: Oct 22, 2017 11:03 PM (UTC)
129
2 Normal
■イワシ、キオスク
上鷺宮の実家に弟のまくらを忘れたのでそれを取りに帰る。交通手段が無いため中杉通りを徒歩で向かい阿佐ヶ谷まで戻ってくる。
鷺宮を歩いている時に高校の時の知り合いとすれ違い、懐かしく思い声をかける。そんなに仲が良いわけではなかったが、年賀状かなんかを送ったりしたこともあった。
確かイラストレーターの仕事をやっていたので、その後の活躍も知りたく少し話したいと思う。
「久しぶり、元気?」 声をかけた時はあまり反応が良くなかったが、すぐ近くに家があるらしく家に呼んでもらえた。少し嬉しく思う。
家は鷺宮の坂の上にあり、竹やぶの隣の四階建ての立派な家に見える。
一人暮らしでは無いのだろうが、夫婦で住んでいるのか家族で住んでいるのかが少し気になるが、なかなか聞けない。部屋に入れてもらうとイラスト用の画材などが置いてあるのが目に入った。まだイラストを続けていることが分かり嬉しい。 「ねえ、ベガスやってる?」
と聞かれた。ちょうど私もやっていたゲームなので、 「やってるよ。」 と答えた。 「やっと9階まで建てられたよ。」 と言い、ゲームの画面を見せてくれた。私は27階まで建てているので自慢しようかと思ったがやめた。 壁には大きな犬のイラストか写真かが飾ってあり、犬を飼ってることがわかるが話によるともう死んでしまったらしい。
あまり長居をすると迷惑だろうから、すぐに家を出ることにした。台所を通ると両親が見え隠れする。声を掛けるべきか迷ったがこそこそするのも印象が悪いので、
「こんにちは。」 というと、私を帰らせないようにもう一回部屋に戻される。弟も台所の奥から出てきて部屋に入ってくる。弟は金髪だが寡黙な印象を受ける。お父さんは趣味でロシア語を勉強しているらしい。
「イクラはロシア語だよね。」 と私に聞いてきたので、
「イワシとキオスク、ノルマもロシア語ですよね。」 と話に乗った。
#本 #今日というより凶な今日