Toggle navigation

#Bedford319,511 POSTS

Post Content
User Image lucybishop2012 Posted: Feb 24, 2018 4:10 PM (UTC)

3
0 Mayfair
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 18, 2018 12:40 AM (UTC)

11
1 Normal
雪が降る前にプロパンガスのレギュレーターをプロテクトするために小さなフォートを作りました。
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 18, 2018 4:47 AM (UTC)

7
1 Normal
いつもマンハッタンで利用する月極パーキング、コーネルクラブのようなプライベートクラブ、ビルの掃除係、自宅で雇っているお手伝いさんと顔を合わせると、次のような反応があります。

Hi, Boss! 客のことをボスと呼ぶ。究極のカスタマーサービス。

Hi, Sir.

Hi, Mr.

Hi, Mr. Panache. 名前

を使う人もいれば、

Hi, Friend.
と呼ぶ人がいます。

上から4つが言える人はその仕事で昇進していきます。

言霊のパワーです。

また、無言の方もいます。

特に厠の掃除をしている人、夜の掃除をしたいる人は、無言率が高いです。

厠の夜掃除担当の人には、こちらから声をかけて、Good nightと言うと、Good nightと返ってきます。

厠の掃除担当は、声をかけられたことがないのです。

悪循環とも言えます。

彼らの魂のステージを上げてあげるために声をかけてあげましょう。

マンハッタンのエレベーターに乗る場合、
ロビーで降りる時は、次の順番です。

1、女性または女性に見える人
2、スーツを着ている人
3、カジュアル系の服装の人、カジュアル系バックパックを持った人
4、メッセンジャー、フードデリバリーの人

白人男性と乗り合わせるとどちらがエレベーターを入る時に譲ったかにより、譲ってもらった側が遠慮して後ででます。

黒人やイスパニックなら、こちらがスーツを着ていたら、どうぞお先にと譲ってくれます。この国はそういう国です。人種によって暗黙の了解があります。

相手が、女性の場合、
エレベーターのドアをホールドするために先に入ってホールドする場合と先に入ってもらう場合があります。

オフィスビルでエレベーターを出る時は、混んでいてエレベーターを降りる人に邪魔になる場合を省き、原則女性に先に出てもらいます。

エレベーターで、ドアが閉まりかけなら、
男性が後から女性が来ているとセンサーが反応した場合、先にドアを開けてエレベーター内に入って、後の人のために、ドアをホールドします。

押したり引いたりするドアの中に入る場合は、原則、ドアをホールドして女性に先に入ってもらいます。
回転ドアでは、後ろから女性が来ていたら女性に先に入ってもらい後からジェントルに押します。

男性が後ろにいたら回転ドアには自分が先に入ります。先に行けというと気持ち悪いです。

日本でびっくりするのは、自動ドアの発達の影響なのか、思いやり感覚のセンサーが壊れている人が多いです。

また、男性至上主義がまだまだまかり通っていて、男性がオフィスビルや商業施設のエレベーターを先に出るが当たり前とされてます。

暴漢が外にいるような環境では、男性がエレベーターを先に降りて安全を確認するのもありです。日本のオフィスビルでは暴漢も盗賊もいません。

また、手動で開閉が必要なドアで、日本人が後の人のためにドアをホールドしているのを見たことがありません。

長年の自動ドアの習慣から、後方確認センサーが折れているのです。

男性が女性と並んで道路を歩く時に、さりげなく、男性が道路側のポジションを取れるか、または、女性がビル側のポジションを取って男性に通路側のスペースを空けているのも男性にエスコートの基本を教えるのに重要です。 女性だけでなく子供と手を繋ぎ歩く場合も同じです。

何故なら、概して道路側は盗賊のひったくりなどの犯罪のターゲットになるから危険とされています。

女性をさりげなくエスコートできる男性はビジネスでも成功します。

また悪い波動の人と関わらないセンサーも敏感に反応します。

ニューヨークのエグゼクティブなら、当たり前田のクラッカーです。

折れたセンサーを修復しよう。
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 19, 2018 1:24 AM (UTC)

23
1 Normal
京の酵素浴の栗林オーナーの誕生日会が3月に行われます。

今年もご招待いただき、3月に日本に行くことに正式に決定しました。

皇族、天皇陛下従兄弟であり、日本公益社団法人日本ゴルフ協会の竹田恆正会長のご都合で3月のある日に開催されます。竹田会長とは何度か会食をさせて頂きある大企業をご紹介して頂きました。ありがたいです。
世界中の知る人ぞ知るセレブリティ、財界の中心人物、財閥系、大手メディア、球団オーナー、警察関係者、医療関係者の方々が京都祇園に集まります。
そんな中に異質なニューヨークの経営者である小生が招待されているのも不思議ですが、ありがたいです。
極秘の会合なので具体的な日時は公開できませんが参加します!
写真は竹田会長と。 去年の誕生会より。
京都でならお茶しながらでもお会いさせていただく時間があるかも知れません。変なおじさんに会ってみたいと思われる方は個別にご連絡いただけると可能な限り調整します。
栗林オーナーのご厚意に感謝します。
ありがたき幸せ。
https://ameblo.jp/cashflowmgmt/entry-12354033861.html
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 21, 2018 4:57 AM (UTC)

11
3 Normal
火曜日はお手伝いさんがやってくる。

朝から午後過ぎまで、家の中を念入りに掃除をしてもらっている。

最近、フロリダの高校で銃の乱射事件で17人ほど殺害された事件は有名であり、Disturbingである。

小生は、本物の銃は持たない。
自宅に本物の銃を置くと3倍の確率で銃を持っていない家庭と比べて事件に巻き込まれやすいという統計が出ている。

自殺が起きやすいという要因もあるらしい。

本物は撃ったこともあるが、決していい物とは思えない。

家に置いていたら撃ちたくなるではないか。
小生の銃は、エアガンである。
鉛の弾を入れて、ターゲットシューティングする。
Accuracy は抜群である。
このように、自宅の書斎に置いているわけだが、

コロンビア出身のお手伝いさん、グラディスゲレロセスマに聞いてみたら、

どうやら、今日の今日まで、

本物の銃だと思っていたのだ。

確かに鉄製で重厚感があり、本物には違いないが、火薬式ではない。

小動物ぐらいしか殺せない。

目的はターゲットシューティングである。
お手伝いさんにとっては、

少々古い表現ではあるが、

驚き桃の木山椒の木だったそうだ。
お手伝いさんが掃除をしているご近所の家は、ソファーのクッションをあげたら、小銃が入っていたそうだ。いつでもハンドガンにアクセスできるようになっているのだ。

ご近所の家も、

そう言えば、向かいも持っているし、その隣で引越した家族も10代の娘に銃のシューティングレンジに連れて行ってたし数丁持っていた。
向かいの家はScarsdale という高級住宅街からBedfordに小生と同時期に移って来た大きな弁護士事務所のパートナーである。
Scarsdaleの豪邸で銃を持った犯人に入ってこられ、縛り上げられ、金品を盗られたという。 向かいに住んでからも一晩中外に向けて防犯の為ハロゲンライトを照らしているので迷惑な話である。Bedfordは犯罪率はほぼゼロ。アメリカでももっとも安全なエリアであるにもかかわらずである。
これら3億円を超える家のオーナーである。
この国の民から銃を取るのは無理だろう。

小生には解決できない問題ではある。
自分にやってくる問題はいかに困難な問題であっても解決できない問題はない。
しかしこの銃問題は小生に解決してくれとは誰も言ってないし無理や。
様々な Advocate がいて、NRA、Constitutionほか歴史的なものが絡み、簡単には解決しないだろう。 アメリカ中でこれだけの銃被害があっても何も変わらない国だ。
この問題については小生は意見を言わないことにする。
しかし、

自分に解決できない問題はやってこないことだけ覚えておくのがいい。
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 19, 2018 3:36 PM (UTC)

8
1 Normal
ビジネス展開の原点は、陰嚢にあった。
February 21, 2014 のアメブロ投稿を大幅に編集しました。
少し読んで違和感を感じる人は一切読まないようにしてくださいね。この投稿は統計調査会社の社長の友人に企業の世界展開の理由を聞いたことに基づいて掲載しています。
ビジネスの原点はリビドー

何故、日本人、日本のメディアは欧米と呼ぶのだろうか?

アメリカとヨーロッパとは全く異なると言っても過言ではない。白人はヨーロッパから、アメリカに行ったかも知れないが、アメリカとヨーロッパをまとめて呼称するには、ボキャブラリーに乏しい。

ヨーロッパも、言語環境によって、それぞれの文化があり、ヨーロッパとまとめられるのを好まないかもしれない。

アメリカは明らかにヨーロッパと異なる。歴史も浅い。

アメリカ人は態度がでかいから嫌われる。

アメリカ人はビジネスを伸ばすプロであり、金を作り出すプロである。日本も同じだが簡単なものをわざと難しくして雇用を作りだす。

余談だが、世界各国にオフィスを持つ牛田玉舐氏によると、アメリカ人、日本人、世界中のエグゼクティブが世界にビジネスを広げる理由は一つ。

歴史的にも証明されているが、

自分の妻から、如何に離れたところにお気に入りの女性、愛人、側室または友達以上恋人未満のガールフレンドの女性を置くか。だそうた。

自分達のリビドーに従い仕事のできる男達はこっそりと動いていた。

石器時代なら、強い男が多くの女を抱えていただろう。

未だに獣社会では、それが当たり前田のクラッカーだ。メスも子孫繁栄のためには強い男の遺伝子が欲しいのだ。

そのうち、

ライフスタイルが変わり、結婚が制度化され、一夫多妻制度も導入されたが、多くの社会では、もてない男達にも満遍なく子孫繁栄のチャンスを与えることになり、一夫一妻になった。

1人が1人としか結婚出来ない社会があるから、結婚出来ない人が出てくるし、離婚が発生する。
離婚には金と精神力、体力がかかるそうだ。小生の周りでは、離婚、別居率は87%を占めている。

リビドーの本質からすると当然の結果とも言える。
もちろん、リビドーだけでなく離婚には多くの要因が備わっているだろうし、個人の問題だからどうでもよい。

リビドーが一夜で変わる訳がない。

統計調査会社の金玉抜小次郎社長によると、

妻から、いかに離れたところに自分の城を作るかが出来る男達の焦点になったと言う。

そこで、ビジネスを伸ばすことが合理的で論理性があるのに気付いた男達は、世界に進出して行った。

これがビジネスの展開の原点だったそうだ。
平安時代に書かれた源氏物語に象徴されるように、リビドーに支配されたこの世の中は何一つ変わっていない。
日本では源氏物語のような官能小説が堂々と教科書に取り入れられて、幼少時から、潜在的なリビドー教育がなされているのである。
戦後、女性(物価)の値段が安いところに、次々と進出したという。

まず日本にアメリカの会社が進出し、日本の物価が上昇すると韓国、中国、そして今はタイへと移って行ったという。そして、インドへと移って行きそうである。
ただ、インドは個人的な意見をいうとかなり臭そうである。
男性のリビドーの性質から自分の遺伝子をばら撒くことが自然であり、それを正当化するためにはビジネス展開が合理的なのである。

多くの女性は信じたくないだろうが事実だそうだ。

つまり、ビジネスが伸びていく理由は男性の陰嚢、睾丸に支配されているのだった。

ブランド雑貨も女性が自分で買うのではなく、旦那やオヤジが妻や愛人に買うから、ああいう価格設定になっている。

石器時代なら女と子供の食欲を満たし身の安全を守るのが男の役目だったが、食欲は当たり前、物欲を満たさねばならない時代になったから、ブランドが生まれた。

話が牛田玉舐氏のビジネス論を導入することで、内容がぶれてしまったが、

装飾品、衣類、化粧香水類ブランドは、フランスやイタリアでしか生まれない。

時計なら、スイス。

車なら、ドイツとイタリアでしかブランドは生まれない。
いくら日本車が頑張っても、ブランドにはなれない。

アメリカ人ですら、ヨーロッパブランドに憧れる。歴史もあり、職人技の良さもあるがそれを超えた心理的な劣等感がヨーロッパ製品をブランド化されたのだろう。

日本人に、レクサスに乗ってると言っても、何とも思われないが、同じ価格でも、メルセデスやアウディに乗ってると言うと一目を置かれるという現象がある。ブランド力は数十年では築けない。

ビジネス展開をしよう。
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 22, 2018 2:58 PM (UTC)

17
1 Normal
一瞬、テレビ画面にも見える? わけないか。

早朝のマンハッタンオフィスビル。
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 23, 2018 3:35 AM (UTC)

12
1 Normal
マディソンアベニューのお客様。

弊社はマディソンアベニューに21年間オフィスを構えていた。現在はグランドセントラル駅上である。

マディソンアベニューの響きが好きである。
マディソンアベニューの顧客、サラマンダーカメレオン社を訪問し日本から出張中のエグゼクティブの女性、バクトラクシライさんと会った。

アメリカ人向けにある物を販売している企業である。

会社の創業日を調べてみると1991年で弊社と同じであった。

正直、焦った。

顧客は日本の数十カ所にオフィスを持ち、ニューヨークにも既に二カ所にオフィスを構えている。

めちゃすごいやん。

弊社は東京オフィスを設立後9年で閉鎖した。
ニューヨークのビジネスは堅調に推移している。と言いたいが、ローラーコースターみたいなものである。 上がる時は1ヶ月で半年分の利益を計上することもある。
ニューヨークでは100%の収入を企業からいただいている。
まさにありがたい限りである。
日本では様々な事業をやっている。
20個ぐらい事業を立ち上げ、残ったのは2−3事業であるが、今考えるとやっていてよかったと思う。
身体が自由に動ける時はできる限りチャレンジをすることにしている。
多角化経営がいざという時に役に立つ。
一つの事業しかやっていないという会社経営者は無責任ともいえる。
他の事業に手出しして、本業を任せているという名の監督不行き届きで売上減少も無責任とも言えるのかもしれないがな笑。

トップシークレットのお客様なので写真はないが、

バクトラクシライさんはオシャレな着飾りをされたエレガントでファビュラスな女性であったので話が進んだのもあるが笑、

明日再度訪問して、弊社の別の事業での提案をすることになった。

女性にとってめちゃくちゃ失礼なことを次にいうが、、、 若干、怖い女性が多いので経営者の女性は苦手な方だったが、最近は20代ではないそれ以上の年齢層の女性達と話すことに免疫ができてきた。
おかしな話ではあるが、

つい最近まで、30以上の方と何を話していいのかさっぱりわからなかった。
女を諦めておっさん化した女性と話をしても面白くないが、年齢に関係なく自分を磨かれている女性は魅力的である。
内面的な部分はここでは省くが見た目の美しさも大事である。

特に肌の質に関しては、何度も記載しているが、一番重要なのは、肌の質である。 潤い、滑らかさ、ハリの良さ、弾力、血色の良い肌に惚れてしまう。 肌が荒れている女性にはリビドーが働かない。手入れがされてなく不健康に見えるからだ。
分岐点は32−33歳に変わる時に、多くの女性がおばさん化して、やがて、おっさん化しているように思える。
男は、20代前半からおっさん系はおっさんであり、おっさんを超える物はない。
男はおっさんから、たぬきおやじになり、やがて、「嘘つき!」 と呼ばれ始め、40代では、「嘘つきたぬきおやじ」になり、50歳を超えた頃から、「くそじじい」と呼ばれるようになっていく。
詳しくは2月3日のフェイスブック記事、またはブログ、
https://ameblo.jp/cashflowmgmt/entry-12349796693.html 
にまとめている。
魅力とは、この人とまた会ってみたいと思う。ことであろう。
ありがたき幸せ。
User Image cashflowmgmt Posted: Feb 24, 2018 4:24 AM (UTC)

7
1 Normal
なぜ、ファーストクラス、超高級ホテルなのか。
ラグナビーチの大富豪。

日曜からロサンゼルスに飛び立ちます。

アポイントメントが到着の夜から、入っています。
様々なビジネスミーティングの中、ラグナビーチの大富豪、フードビジネスのタイラントとも呼べる経営者、金堂武蔵氏とミーティングをします。
先日もIRS アメリカの国税局から、数十万ドルの追徴税が来ていたらしいです。

一体いくら稼いでいらっしゃるのかは不明ですが、知っていることは、毎日ラグナビーチ界隈でゴルフをされています。

年齢は同じ1960年代で、20代でロサンゼルスに乗り込み、レストランで修行をして、90年代で独立をされました。

ロサンゼルスダウンタウン、サンタモニカエリアでは非常に有名なレストランを経営されていて、ラグナビーチに数年前に移転。
殆どのカスタマーはアメリカ人です。

アメリカ人を相手に、自己流に学習された英語を堪能に使いこなされ、アメリカ人の客の心を掴んでいます。
日本からフードビジネスで進出してミリオンダラーを使い、やがて大損して撤退している会社が多い中、金堂武蔵氏のビジネスはサザンカリフォルニアのレストラン激戦区でも大きな利益をあげています。
なんども、ロサンゼルスから日本に行くフライトをファーストクラスにしてくださいとお伝えしていますが、ビジネスクラスなので、今回はファーストクラスに乗るように強く伝えてきます。 税金を自分の意思で払いたい方は払えばいいです。 金堂武蔵さんのように払いたくなくても追徴税で何億円も取られるなら企業にお金を落としてあげるのがいいのではと考えます。
金堂武蔵氏は日本に行く時は、ホテルは食事代を入れると一泊10万円以上、温泉付き旅館なら一泊15−20万円のところに泊まっていらっしゃいます。 フードビジネスのため、ベストの食材を試しベストなフードサービスを学ぶためです。
金堂武蔵さんと一緒に旅される女性は、最高の待遇を経験されていることでしょう。
なぜ、小生がファーストクラスに10数年間乗り、高級ホテルに泊まり続けたかを申し上げると、

1、ファーストクラス、最高級ホテルにはライフスタイルがある。
ファーストクラスに乗る人の考え方、高級ホテルに長期滞在する人の考え方を習得するには経験するしかありません。

時間の流れが異なります。
人とのスペースがビジネスクラスと全く異なります。

マンダリンオリエンタル東京やリッツカールトンホテルの宿泊客の質は、明らかにビジネスホテルの客と異なります。
負の波動を持っている人がほとんどいません。

貧乏波動の人がいません。
ビジネスクラス、エコノミークラスはエアラインの都合で時間が進んでいます。ファーストはファーストカスタマーの都合で時間が進みます。
フライトもホテルも、

一流を経験し、一流を楽しみ、一流の環境を仕事にも適用できる知恵が浮かびます。

2、タックス です。

会社に利益が出ている時に合法的に100%の控除ができるアイテムは少ないですが、飛行機代とホテル宿泊代はビジネスの理由があれば100%の控除ができます。

エコノミークラスの4倍のビジネスクラスが存在したり、10倍以上のファーストクラスが存在する理由は経費として控除できるからです。
一泊5万円以上するホテルが存在する理由は会社の経費として控除が可能だからです。
なんちゃって一泊がんばった君のためだけに、高級ホテルがあるのなら、とっくの昔に高級ホテルは廃業しているでしょう。
それ以外にも、理由はありますが省略します。
以下、個人の意見であって決して、事実とは言っていません。
トランプ政権の新しいタックスリフォームは、コーポレートタックスをさげることにしました。 しかし、消費者個人にとっては逆にマイナスになる要素を秘めています。
ガバメントはどこかで収支を合わせます。
今まで、控除ができていた住宅ローンの金利は控除できなくなります。 リアルステートタックスも年間1万ドルまでしか個人で控除できなくなります。 考えられることは、個人での控除ができなくなると、自宅を買って住宅ローンを組んでもメリットが減ります。今まで控除できていた家の税金が控除できなくなると課税対象収入が増えます。 
国は個人から税金を多くとるようになります。 
家を買う人が少なくなり、家のマーケットが崩れます。 金融システムがまた崩壊するかもしれません。 仕事が減り、やがて、不景気になります。 というような連鎖が考えられます。 そうならなければいいですが。
トランプ政権が推奨しているのは、会社で金を儲けてくださいという意味です。
前向きに強いて言えば、会社を興して儲けなさい。と言ってるようです。
User Image gnbri_photo Posted: Feb 24, 2018 3:46 PM (UTC)
3
0 Normal
It was wonderful to spend the morning, with Heather and Tom, and get to know them and their perfect wedding better, as we strolled round Priory Country Park. We see lots of LEGO fun on their day ;). #priorycountrypark #bedford #photography #gnbri #prewedding #wildlife

Hashtags found on this page