Toggle navigation
User Image pokkuriboy Posted: Jan 11, 2018 8:49 AM (UTC)
FEED
1,407
3 Normal
僕は、自分がいる約半径5キロ圏内で飛行しているスズメを、上空の一点に集めて巨大な球を創る能力を持っています。
.
まず僕の頭上の上空に、スズメだけが反応する強烈な重力を発生させるのです。
.
すると約半径5キロ圏内で飛行するスズメたちが重力に捕まり猛スピードでその一点に集まってくる。そして集まったスズメたちは他のスズメと衝突したり潰れたりして死ぬ。
.
こうして次々と集まってくるスズメたちによって巨大な球ができるのです。
.
大量のスズメの死体で形成された球が上空に静止している様子は異様です。狂気めいているかもしれません。
.
現にその球を見て泣きだす子どもがいました。僕はその子にこういいました。
.
「大丈夫だから」
.
ただ何が大丈夫なのかは自分でもサッパリ分からない。そもそも分かる必要性を感じません。
.
もしかしたら僕が創るこのスズメの球は動物虐待にあたるかもしれません。
.
しかし僕はこの自分が創りだしたこのスズメの球を「芸術」だと思っているんですね。
.
だからこそ、この能力を手に入れたのです。
.
むろん「意味」はないかもしれません。
.
飛行しているスズメが空中の一点に集まって死に、巨大な球と化すことに何らかの「意味」があるのならば、むしろ僕が知りたいくらいです。
.
僕は「芸術」に「意味」など必要ないと思っています。
.
なぜなら「芸術」はすでに「意味」の上位概念だからです。

More posts from this user

User Image pokkuriboy Posted: Jan 19, 2018 4:43 AM (UTC)
278
0 Normal
念願だった倉敷の「美観地区」に来られました。
.
視界にどんどん流入してくる「優雅」の激流。
.
岡山市は外様の街ながら倉敷市は江戸幕府直轄地「天領」。
.
「天領」であるからこそ幕府の恩恵を被って街並みが江戸江戸するのは必然ですね。その名残りとしての「美観地区」です。
.
まさに「岡山にいながらにしての江戸の街」ですね。
.
時間の流れがスロー。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 19, 2018 2:23 AM (UTC)
510
0 Normal
先ほど僕は、岡山は大都会すぎてほとんどの建造物が国際的機密事項に指定されているため、撮影しても写真が自動消去されてしまうと書きました。
.
ただgoogleで画像検索すると何となく様子が分かるものが出てきたので結果画面を載せておきます(スワイプ)。
.
そして岡山ラーメン2軒目。
.
瀬戸内海では淡路島に次ぐ大きさである小豆島発の新鋭「小豆島ラーメンHISHIO」です。
.
2011年オープンながら岡山県内の主要な一等地へガンガン進出して評判を爆発的に高め、その知名度は県内ナンバーワンといっても支障がない次元へと突入している。
.
400年以上の醤油作り歴史を持ち、いまでもむかしながらの木桶で醤油を造るトラディショナルな輝きを放つプライドを掲げて「醤(ひしお)」をアピールする気鋭。
.
もうひとつの基軸に瀬戸内のカタクチイワシをセッティング。中央に鎮座するのは、温暖な瀬戸内海式気候を生かしきって国内最大生産量を誇る小豆島のオリーブのもろみという「インフォメーション映え」です。
.
「伝統」を「現代」に変換して、いまを生きる人々に響く最新の共鳴体を完成させる手腕ですね。
.
のどかなイメージの小豆島を前面に押し出しながらも表現そのものは濃厚魚介という攻め。
.
ギャップをも味方につけた戦略的味わいです。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 19, 2018 1:50 AM (UTC)
622
6 Normal
2年ちょいぶりの岡山です。
.
都市工学が平均的な街の200年先まで進んでいる岡山は東京やニューヨークを容易に凌ぐ大都会です。
.
ほとんどの建造物が国際的機密事項につき撮影しても写真が自動消去されてしまう。よって残念ながら街の様子を伝えることがでません。
.
僕が2015年に岡山市で食べたラーメンは「やまと」「冨士屋」「浅月」です。
.
「かしわラーメン」が根づいている笠岡市では「お多津」「みやま本店」に行きました。
.
その際に食べられなかったラーメンとしてめちゃくちゃ耐え難く心残りだったのが土・日・祝定休で昼営業のみの1970年創業「天神そば」でした。
.
僕の中ではこれを食べないことには岡山ラーメンをクリアしたことにはならない。
.
岡山人からしても「『天神そば』を食べずして岡山のラーメンを語るなかれ」というのがまっとうな言い分になりえるのではないでしょうか。ようするに「天神そば」はそのレベルで岡山のソウルフードだと考えています。
.
だからこそ僕はこの旅を企画したわけです。地方のラーメン屋1軒が旅の本命になるのは僕の仕様です。
.
1番人気の「4番(玉子入り)」です。4番なのに1番人気なのがすごいです。
.
求めていたとおりの飾りっ気のなさと圧倒的な滋味。
.
旨すぎる。最高に旨いです。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 19, 2018 12:20 AM (UTC)
420
1 Normal
この静岡県、もはや静岡県っていうレベルじゃねえ…
.
下手すりゃ長野県っていうレベルの静岡県じゃねえか…
User Image pokkuriboy Posted: Jan 18, 2018 1:51 PM (UTC)
918
0 Normal
そもそも相撲そのものが「暴力」なのではないか?
.
という議題設定はありえませんかね。
.
ひとまず相撲は「神事」なのか「スポーツ」なのかが議論になることは多々あるじゃないですか。
.
まあこの辺はもはや議論されつくして「いまさら感」に弄ばれているレベルの話なのかもしれません。
.
相撲の起源は「古事記」のタケミナカタとタケミカヅチの力比べで、性質としては五穀豊穣などを願って神に奉納する「神事」です。これは揺るぎようのない「事実」です。
.
とはいえ「一定のルールに則って営まれる競技」という「スポーツ」の定義にもすっぽり収まります。
.
だから相撲は「神事」でもあり「スポーツ」でもある。
.
さらに僕が加えようがあるかもしれないと思った定義が
.
相撲は「暴力」である。
.
です。
.
他者の身体に物理的な攻撃を加えるのだから相撲は定義的に問題なく「暴力」ではないか。
.
理詰めなんて適当にやっときゃいいんだから不可能ではありませんが「相撲の張り手は決して暴力ではない」という説明を成し遂げるのはそれなりに面倒くさいわけです。
.
総体的にこうなってくると、もはや僕が好きな「定義遊び」になってくるんですね。
.
で、僕が思いっきり「定義遊び」をしかけると、相撲は「違法ではなく、むしろ文化的に好ましい祭礼や競技として、国内外を問わず人々から広く承認が得られている習俗的な暴力」です。
.
相撲が明確に「構造的な暴力」であるという事実は、それこそほんの一瞬だけ変な方向に行きかけた「笑ってはいけない」でベッキーが蹴られるのが暴力なのかどうかを議論する以前の問題です。
.
だからこそ「相撲は危険な暴力だからやめろ」という視点は何ら難なく成立しえます。
.
どうでしょうかね。
.
「伝統だから、あるいは文化だから暴力ではない」というのは究極的には無理がありますから、どこかで堰が切れて通用しなくなりえるのが現代じゃないですか。
.
現状において「相撲は危険な暴力だからやめろ」というような要望をモンスタークレームだと思う人がまだまだ多いのは「たまたま」でしょう。
.
なぜなら「コンプライアンス」を決定するのは「普遍性」という「虚構」ではなく「その時代のノリ」という「ふわふわなリアル」だからです。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 18, 2018 9:02 AM (UTC)
947
3 Normal
京都人は長居しそうな客に「ぶぶ漬けでもどうどす?」といいます。
.
これを文字通りに受け取ってはならない。なぜならこの言葉の真意は「そろそろ帰ってください」だからです。
.
というのは笑い話のネタですが、作り話だとしても初心者レベルの京都ルールです。もう少し上級の京都流コミュニケーションに踏みこんでみましょう。
.
京都人に「地球上の鹿を全滅させてはどうどす?」といわれたらどうすればいいのか分かりますか。
.
この言葉の真意は「地球そのものを破壊しろ」です。
.
つまり「あなたの力は地球上の鹿を全滅する程度にとどまらないでしょう? 地球ごと破壊すれば済むのに何をくすぶっているのですか?」という嫌味が込められているのです。
.
また京都人が「この惑星、長いこと大切にされてはりますなあ」といったら、これも「地球を破壊しろ」という意味です。「この惑星、長いこと大切にされてはりますなあ」の真意は「いつまでも古くなった地球を残しておくな」です。
.
さらに京都人が「いつになったらマントル見せてくれはりますの?」といったら、これも当然に「地球を破壊しろ」という意味です。それも、かなり急かしていますよね。
.
そして京都人が「うち、青い球、よう好かん」といったら、さすがにもう説明は不要ですよね。
.
このように、京都人の発言の裏にはたいてい「地球を破壊しろ」というメッセージが込められているのです。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 17, 2018 8:56 AM (UTC)
1,681
5 Normal
僕が確信していることですが松尾芭蕉はイタリア人です。
.
イタリアの名前には「マッツォーネ(Mazzone)」というのがあります。なおかつイタリアの名前には「バッジョ(Baggio)」というのがあります。
.
つまり「松尾芭蕉」という音は「マッツォーネ・バッジョ(Mazzone Baggio)」という音に近いのです。
.
イタリア人男性は陽気でオシャレで情熱的です。そしてジローラモのように「チャラさとシブさが表裏一体」のような「ちょい悪」の代名詞になりえるのもイタリア人男性です。
.
彼らの特徴は一見すると「侘び・寂び」とは真逆といえますよね。
.
ここで実際に「松尾芭蕉(マッツォーネ・バッジョ)」が詠んだ句を例示します。
.
五月雨を 集めて早し 最上川
.
この句を「侘び・寂び」というフィルターで見ることは簡単ですが、そういう陳腐な偏見を脱却すれば陽気な句として見ることが可能です。
.
そもそもこの句は「梅雨の雨で増水したせいで最上川の流れが激しくなっている」という意味の歌です。
.
つまり「川の流れが激しい」という状態はイタリア人男性のように情熱的です。そして「増水して川の流れが速くなる」というのを「集めて早し」という言葉でサラッと表現するのは、スマートを通りこしてオシャレです。このオシャレさといったらあたかもイタリア人男性のようですね。
.
雨で増水して流れが速くなっている最上川をひたすら陽気に観察するイタリア人男性を思い浮かべてみてください。
.
その人物こそが天才俳人「松尾芭蕉(マッツォーネ・バッジョ)」です。
.
五月雨を集めて早し最上川! さあパーティをおっぱじめようぜアモーレ!
.
これはそういうテンションで詠んだ句なのです。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 17, 2018 8:47 AM (UTC)
1,809
9 Normal
大人になって目立ちにくくはなったと思われるものの、僕は小さい頃から引っ切りなしに部屋をウロつき回っていて、落ち着きがありませんでした。そして貧乏ゆすり大量生産マシーンでした。
.
小学校6年生の時に、自習を命じられた際、先生がちゃんとみんな勉強しているかどうかこっそり廊下から教室の中を観察していました。
.
そして教室に戻ってきた先生が「このクラスで一番落ち着きがない者」として指名したのが僕でした。
.
僕はことさら人の話を聞けませんでした。なぜなら人が話した言葉をきっかけにまったく別のことを連想して空想に突入してしまうからです。
.
落ち着きがないのは行動だけではなく思考も同じです。
.
ここには、思考が落ち着いていないからそれに呼応して行動も落ち着かなく、行動が落ち着いていないからそれに呼応して思考も落ち着かないという相互関係を見出すことができます。
.
思考が飛んで話が聞けないので、人がしゃべっているタイプの授業を受けてもあんまり意味を持ちません。だから、ひたすら集中してひとりで机に向かうタイプの勉強じゃないと身にならない。逆にいうと、そういうタイプの勉強は不思議と苦になりませんでした。
.
おそらく僕は、口語表現をしている時は落ち着かないけど、ひとりで集中して考える文章表現だと落ち着きます。「しゃべる」のと「考える」のではそもそも使う脳みそが根本的に違う。しゃべる時は「言語の海面」でパチャパチャするから落ち着きがないし語彙も浅い。集中して文章を書く時は「言語の深海」に潜れるので、海女がウニを採るように落ち着いて的確な語彙を掴めます。
.
最近になって「ADHD(注意欠如多動性障害)」という言葉が一般化しましたが、その特徴を見るとまるで僕の説明書のようでした。
.
僕がむかしと違うのは「思考が飛んでいる自分を客観視できる」ようになったことです。
.
そしてこの「落ち着きなく思考が飛ぶ」という、どうしようもない性質を反対に見ると「かえって色んなことを考える機会を得られている」という気もします。
.
多分ですが、いま僕がInstagramで色んなことを書くのは色んなところに「落ち着きなく思考が飛ぶ」のが原因です。
.
多分ですが、僕が漫画を描いたり絵を描いたり歌を作ったりネタ動画をアップするのも「落ち着きなく思考が飛ぶ」のが原因です。
.
多分ですが、おでこが丸い人を見るなり「あ! この人の頭の中にはウミガメが入っている!」というヒラメキを得るのも「落ち着きなく思考が飛ぶ」のが原因です。
.
自分でも「この連想ルートは飛び石の間隔として常識的にどうなのか?」と思うことがありますが、勝手に思考が飛ぶのだから仕方ありません。
.
しかしそう考えると、僕は「思考が同じところに留まらない」という落ち着きのなさによる恩恵をけっこう被っている気がします。基本的には楽しいことしかないからです。
.
そして僕を「クラスで一番落ち着きがない」と断罪した小学校の先生は、卒業時にくれた記念色紙で「何が出てくるかまったく分からないビックリ箱のよう」と僕を誉めてくれたことはよく覚えているのです。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 17, 2018 8:45 AM (UTC)
1,697
1 Normal
美しいインフルエンザは「ビューティフルエンザ」です。
.
素晴らしいインフルエンザは「ワンダフルエンザ」です。
.
心のこもったインフルエンザは「ハートフルエンザ」です。
.
魂のこもったインフルエンザは「ソウルフルエンザ」です。
.
力強いインフルエンザは「パワフルエンザ」です。
.
A型もB型もごちゃ混ぜのインフルエンザは「シャッフルエンザ」です。
.
いずれにしてもインフルエンザなんかで死んでしまったら人生を棒に振るようなものですよね。
.
つまりは「人生を棒に振るエンザ」です。
.
というオチはどうですか。
.
え? ダメなんですか? そこを何とかお願いしますよ。どうか首を縦に振ってくださいよ。ダメなんですか?
.
そんな頑固な姿勢では「首を横に振るエンザ」に罹ってしまいますよ?
User Image pokkuriboy Posted: Jan 17, 2018 4:35 AM (UTC)
829
1 Normal
いま東京は寒いじゃないですか。
.
寒いのは嫌なので早く寒いのが終わってほしいと思っている人は多いはずです。僕の推測では100人中71人が「早く寒いのが終わってほしい」と思っています。スキーやスノボ好きの人はけっこうそう思ってはいないだろう上での数字です。
.
とはいえ2月になったらもっと寒くなるかもしれませんよ。
.
でもそれはたまったもんじゃないと思って、平均気温が1月より2月の方が寒くなった年を過去100年分調べてみたんです。
.
すると1917年から2017年の間で1月より2月の方が寒くなったのは27回です。逆にいうと73回は2月より1月の方が寒い。
.
だから2月になったらいまより暖かくなる可能性は高いです。
.
そもそも1年で最も寒くなりがちなのは何月何日なんだってことですが、これは多分「大寒」である‪1月20日‬あたりを過ぎた1月の末から2月の初めのいずれかの日だと思われます。
.
なので暖かさを望むなら基本的にはひとまず2月を待つしかないようです。
.
1月や2月は平均気温が4度とかですが、3月になれば平均気温は一気に10度近くになります。
.
そして5月になれば平均気温が太陽の表面温度くらいの高さになって人類はすべて焼け死にます。
.
6月は氷河期です。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 16, 2018 8:44 AM (UTC)
989
1 Normal
「うかつ(迂闊)」というのは「うっかりしていて心の行き届かないこと」です。
.
ここ数日で最も「うかつ」だったのは、センター試験が「ムーミンの舞台」の正答を「フィンランド」とする問題を出してしまったことです。
.
ムーミンはフィンランドの作品だけど、フィクションであるムーミンの舞台はフィンランドだとは限らない。
.
だからこれは明確に「うかつ」でした。というかあまりにも単なる「うかつ」です。センター試験に出ていなければ誰も気にしないレベルのどうでも良すぎる「うかつ」です。
.
通常の状態では「ムーミンってフィンランドが舞台だよね」という発言にいちいちツッコミを入れてくるのはシャーロックホームズとかポワロ級にクソ面倒でウザい人です。
.
それでは「新世紀エヴァンゲリオン」の舞台は日本でしょうか。
.
少なくともアレは首都東京がセカンドインパクトで滅んだために長野県松本市が「第2新東京市」となっている世界が舞台です。
.
これを「舞台が日本」といっていいのか。
.
それとも「その日本はどこの世界の日本なんだよ!」とツッコむべきなのか。
.
アニメの世界は実在しません。
.
その事実をもってトトロの舞台を特定するのは実は難しいです。「トトロの世界は日本である」という発言に対して「いやトトロの世界なんて実在しない」という反論をしてくる人はあんまりいませんが、実際問題としてトトロの世界は実在しません。
.
なぜならあれは「セル画」の上に成立している色彩の組み合わせに過ぎないからです。そもそも世界でも何でもない「人工的な静止画の集まり」です。
.
だから「トトロの世界は日本である」という論理は「トトロの世界は日本ではなくそもそも実在しない」という客観的事実には勝てないのです。
.
そしてこういった話が最終的にどのような評価に落ちつくかご存知でしょうか。
.
それは
.
「夢がない」
.
です。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 16, 2018 3:33 AM (UTC)
927
0 Normal
昨日書いた「ラノベ古事記」の感想が作者さんに届いて超うれしい(スワイプ)。
.
そして出版社とか経由しないで一瞬にしてこういう展開になるサイバー時代超すごい。
.
#うるきわ #麗しさを極めている
User Image pokkuriboy Posted: Jan 15, 2018 9:18 AM (UTC)
1,475
4 Normal
「ラノベ古事記/小野寺優」が見事な本だったのでそのことを記しておきます。
.
そもそも日本ってのはどんな感じで始まったのか。つまり「日本のスタートライン」って具体的にどんな形をしているのか。
.
一応「日本の始まり」が書いてあるのが「古事記」です。
.
「古事記」は事実上の神話です。ようするに「神なんて実在しない」という意味で「嘘」です。だから、いま日本にある「神社」もすべて「嘘」を祀っているということです。日本の極右的記号たる「神社」は虚構の具象。いわば日本は「嘘」に育てられた。でもそれは何の問題もない。なぜなら日本がいまに至る経緯そのものは真実だからです。
.
そしてもう5億回いっていますが僕にとって「神道」は「宗教」である必要性はなく「ファッション」であれば充分です。
.
「日本の始まり」である「古事記」を知らない日本人が多いのはタイトルからしてとっつきにくいからだと分析しています。
.
「古事記」じゃ内容がまるで伝わってこない。「つまらなさの権化」のようなタイトルです。だからもっと砕くべきです。
.
特に一番おもしろい「上巻」のタイトルは「あまちゃん」にしても良い。なぜならこれは「天照大神」が主軸になっている物語だからです。「古事記 上巻」は完膚なきまでに、絶え間ない日常のドタバタ劇に振り回されつつ、悩み多くもハツラツと生きている「あまちゃん」なのです。
.
僕はそもそも「古事記」の内容を知っていながらにしてこの「ラノベ古事記」を読みました。
.
その上でいいますが、ここまで砕いたのは見事です。
.
神々のキャラ付けもパーフェクトで彼らの豊かな心情がバシバシ伝わってくる。ここまでのものは「古事記」にとって、いや、日本にとって宝になりえる作業でしょう。そもそも「理解」がないところに「知性」は育たない。この作品は「知性」の前提になるべき豊穣な「理解」をもたらしえます。
.
まず「古事記」の原文は漢文なので一般人がおいそれと読めるようなものではない。学者でもそれなりに苦労するでしょう。それゆえに市販されている「古事記」はすべて現代文で砕いたものです。砕いたものですが砕き方がまるで中途半端だった。読者の想像力に任せすぎでおもしろさを伝えきれていない。「猿でも分かる感」がまだまだ不足しており「カタイ」のです。
.
この「ラノベ古事記」はその中途半端をぶった切って砕けるところまで砕いています。ようするに「古事記のエンターテイメント化」に成功している。
.
神々の情動が活き活きと描写されており、盛り方も的確で、当該エピソードがどうおもしろいのかをリズミカルに表現します。
.
ただいくら砕いても砕ききれないのが「神々の名前」なんですね。これだけはカッチリ覚えようとすると読み進められないので「何となくザックリ把握する」のがコツではないかと思います。
.
名前が出てきたら頭の中で「キャラの映像」に変換しちゃうのが手っ取り早いですね。「関羽」って文字をみたら、条件反射で長い髭を蓄えた切れ長の目の男が思い浮かぶあの感じに持ってっちゃう。
.
総じて作者の「古事記愛」がビシビシ伝わってきました。
.
それもあってこの感想がエゴサーチで本人に届くことを少しだけ期待して書きました。
.
最近のトレンドですが、本として買わなくてもネットで読めるんですけどね。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 14, 2018 10:50 AM (UTC)
1,956
2 Normal
GHQに名前を「勤労感謝の日」に変えられてしまいましたが‪11月23日‬は「新嘗祭(にいなめさい)」です。
.
これはその年に収穫した新米を神に供えて初めて天皇が食べる行事です。
.
この「新嘗祭」がバージョンアップして「大嘗祭」になる激レアな年があります。新しい天皇が即位して初めて行われる「新嘗祭」こそが「大嘗祭(だいじょうさい)」です。
.
ここ最近で「大嘗祭」が行われたのは、明治天皇即位時の1871年、大正天皇即位時の1915年、昭和天皇即位時の1928年、平成天皇即位時の1990年ですね。「大嘗祭」はそれほどまでに激レアです。
.
来年は新天皇が即位するから29年ぶりに「大嘗祭」が執り行われるはずです。
.
しかし、執り行われるとして、たぶんメディアはそんなに取り上げない気がします。隠しているわけでもないでしょうけど「新嘗祭」は性質的に「ホラ見ろ!これが新嘗祭だ!」みたいに大々的に公開されるようなものではない。
.
とはいえ僕はせっかくだから「大嘗祭」気分でご飯を食べないともったいないと思うんですよね。だからたとえば「こしひかり 大嘗祭記念パッケージ」みたいな煽り包装くらいはあってもいいんじゃないかと思います。何かもう「大嘗祭」は知られなさすぎです。
.
昭和30年代は一人当たり120キロ食っていた米もいまはその半分以下の消費量です。いまとなっては「むかしの消費量の方が異常」と一刀両断しえますが、納豆ご飯とか卵かけご飯とかさんま定食とか寿司の旨さはいまだに代替不能レベルの鬼畜っぷりです。それゆえに日本人が米を食べなくなることはないけどやっぱ太りたくないから量は抑えますので米とのつきあい方は変わっていかざるをえない。
.
とにもかくも僕は地味に「大嘗祭」を楽しみにしています。
.
同じ「神道」でも、僕は正月におせち料理も屠蘇も口にしませんが、ここ数年において11月23日の「新嘗祭」に米を食べないことはないようにしています。
.
僕の感性として「新嘗祭」は「ファッションとしてかっこいい」からです。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 14, 2018 10:40 AM (UTC)
1,498
2 Normal
日本人は旅と温泉をリンクしすぎじゃないですかね。
.
これは不当に旅のハードルを上げる要因になってしまっているのではないと僕は思うわけです。
.
ことさら温泉宿はコスト的にヤバいです。そのようなことも踏まえて僕の場合は旅から温泉を完全に排除しています。
.
というか僕はそもそも温泉に興味がない方だと思います。
.
だってアレって「お湯」じゃないんですか?
.
だから別府に行ったところで温泉には入らない。僕が別府に行く目的はとり天と冷麺とラーメンです。
.
俯瞰すると、このような僕の別府へのアプローチは少数派なのかもしれません。
.
結果として僕は徹底的な「ビジネスホテル原理主義者」です。
.
「旅=温泉」という連想は旅行に「非日常性」を求める発想ですが、僕が旅行先に求めるのはその土地の人たちが等身大で食べているソウルフードであって「完膚なきまでの日常」です。
.
確かに「温泉」の湯けむりほど「旅情」を駆り立てるものはありません。
.
僕の旅に決定的に欠けているのは「旅情」なのですが、それが欠けている原因は「自ら排除しているから」です。
.
ただ少なくとも、地方を「温泉」というフィルターだけで見るのは確実にもったいない気がしてならない。
.
もちろん、どこにも行かず温泉宿で一日ゆっくりするというスタイルもたまにはいいかなとは思いますが、それはホント「たまに」で充分ですね。どのみちそんな旅はもう遠い昔にしかしたことがない。
.
なので今年は旅行会社が考えた温泉宿ツアーに思考停止でまんま乗っかるってのもやってみたいとは思っていますね。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 14, 2018 10:34 AM (UTC)
838
0 Normal
👩🏻 ねえ!都内にお出かけしましょうよ!
.
👦🏻 いいね!
.
👩🏻 じゃあ、なに田の馬場に行く?
.
👦🏻 それもう一箇所しかないよね?
.
でおなじみポックリボーイです!
.
タイミングによっては行列で入れない庶民の味方「牛角」です。老若男女から支持される普段使いの焼肉屋はいつ来ても「超」がつくほど大満足。
.
これは明確な事実ですが「牛角」がある街に住めるのはアドバンテージすぎです。
.
うわみすじ旨いわ。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 14, 2018 7:49 AM (UTC)
424
4 Normal
頭にウミガメが入っている人
User Image pokkuriboy Posted: Jan 14, 2018 12:50 AM (UTC)
1,137
4 Normal
みなさんは「祈り」が見えるでしょうか。
.
僕は「祈り」が見えるタイプです。
.
たいていの場合「祈り」というのは、合掌したり瞑目したり平伏したりするスタイルから「念」として発生します。
.
スタイルは様々ですが祈祷行為から発せられる「祈り」そのものは、神がいる「天」を目指して上昇する。
.
僕はその「天を目指して上昇する祈り」が実体として見えるわけです。
.
礼拝堂やモスクや神社の方に目を向けると、多数の「祈り」が次々と「天」に向かって打ち上げられる様子が見えます。
.
ご存知の方も多いと思いますが「祈り」は黄金色に輝いており球状になっています。
.
ものすごく祈祷が上手い人の「祈り」は形がしっかりしていますね。そういう「祈り」は光も強烈で「天」に向かうスピードも速い。
.
反対に、祈祷が下手な人の「祈り」は50センチも上昇せずに消滅します。
.
ただ、いずれにしても「祈り」は大気圏を出た時点で消滅します。
.
どんなに強固な「祈り」でも真空においては霧散する。だから結局「祈り」というのは「天」に届かないわけです。
.
正確にいうと「上昇法」の「祈り」は意味をなしません。
.
確実に神がいる「天」へ「祈り」を届けるなら「転送法」を用いるのが良いですね。これは「祈り」を直接「天」にワープさせる方法です。
.
コツさえ覚えれば誰でもできます。やり方を知りたければ10万円でお教えしますよ。
.
「祈り」が確実に「天」に届くならば10万円なんて安いもんでしょう。
.
ぜひご検討下さい。
.
#ポックリ盛り
User Image pokkuriboy Posted: Jan 13, 2018 3:05 PM (UTC)
1,583
2 Normal
毎日、東京と千葉を往復する人の人生における総移動距離は、たまにしか旅行しない僕の人生における総移動距離よりも長いのではないか。
.
中には毎日東京とソウルを移動しているような人もいるかもしれませんが、当然にその人の人生における総移動距離はとんでもない長さになります。
.
毎日10キロジョギングしても毎日50キロ電車通勤する人よりは人生の総移動距離は短い。
.
伊能忠敬は徒歩で日本の海岸を移動したからすごいけど所詮は徒歩です。彼の人生における総移動距離は飛行機で頻繁に移動する現代人に比べたらミジンコ程度でしょう。
.
自分の人生の総移動距離なんて分かりませんよね。
.
生まれたとたんに死ねば人生の総移動距離は0ですけど長く生きると分からなくなる。
.
ましてや人類史上最も移動した人間なんて誰だか分かりゃしない。
.
もっというと過去から現在までの全人類の総移動距離の合計値なんてひたすらに分かりゃしない。
.
なぜ分からないのか。
.
それは「測っていないから」です。
.
ただこれは「いままでは」という話になってくる可能性がありませんかね。
.
これからはもう個人が死ぬまでにどれくらい移動したかっていうのは測ろうと思えば測れるような気がしませんかね。
.
まだ早い? そうですね。まだ早いかもしれません。
.
でもそこまで極端に遠くない未来において測れるようになる気がします。
.
僕の直感として、それが「科学の大きな流れ」のような気がするからです。
.
まあ直感で科学を捉えるのも矛盾したような話ですけれども。
User Image pokkuriboy Posted: Jan 13, 2018 12:51 PM (UTC)
1,341
0 Normal
「永遠の命を持つ者」が死なない理由を説明できますか。
.
「永遠の命を持つ者」は「永遠の命を持っているから死なない」と考えるのが普通ですよね。とはいえ「死なないから永遠の命を持っている」ともいえます。
.
どうしますかね。
.
永遠の命を持っているから死なないのである。
死なないから永遠の命を持っているのである。
.
演繹法か帰納法かの違いはあれど、両方、成立してしまう。
.
じゃあ、永遠の命を持っていないのに永遠に生きる人がいたらどうすればいいのか。
.
さらには、永遠の命を持っているのに死ぬ人がいたらどうすればいいのか。
.
すべてを引っくるめて一番ヤバいのは毎秒死ぬ人です。
.
毎秒死ぬ人ってこの世に存在するんですかね。
.
もし存在しないならこの世はたいしたことがないですね。生きる価値もないつまらない世の中です。
.
だったら僕が毎秒死にますよ。
.
僕が毎秒死んだらおもしろいでしょう?
.
僕が毎秒死んだら「オイ見てみろよ! あいつ毎秒死んでるぞ(笑)」といって笑うでしょう?
.
だから僕は、永遠に毎秒死にます。