naoko96 ペール缶タイプにせよ、瓦のにせよ
構造を理解して自分で作れるワザを身につければ、
必ずしも同じ材料でなくとも、その場所で手に入りやすいもので
今後も道具を作り続けていけると思うのだ。

カレーを炊いたので無発酵パン、ロティを。
薄く延ばしてフライパンで焼いてから網で炙ってぷっくりと。

#ロケットストーブ
1d

» LOG IN to write comment.

naoko96 パスタを作って掻き出した灰。

スコップ1杯にも満たなかったなあ。

お湯を沸かしてパスタを茹でて
ソースを作って絡める作業。
使った薪は1キロもないだろうな。

炭状のを残すことなく
サラサラの灰になるまで無駄なく燃焼してくれているのがうれしいところ。
1w

» LOG IN to write comment.

naoko96 非常時、非日常のレジャーなんて場面よりも
ロケットストーブの燃費の良さと煙の少なさは、日常でこそ使えるものだと思うのだ。

近くに山があれば、落ちている燃料を30分ほどかけて集めてきさえすれば日々のご飯作りには十分だし、燃料代はかからない。

今日は寒さでおいしくなってきたほうれん草をたっぷり入れて炊いたカレーとフライパンで焼いたナン!
3w

» LOG IN to write comment.

naoko96 寒い冬には湯気までごちそう。
今日の土鍋の中身は小豆。

すこし硬さが残るくらいまで薪をくべ、あとは熾火に任せておく。
長時間炊くものこそウラヤマの燃料でまかないたい。
4w

» LOG IN to write comment.

naoko96 新調しておいたロケットストーブで一発目のパン!
やっぱり気持ちよくいいのが焼けるねえ。

煙突部のヘタリによる変形でヒキは弱いわ燃費は悪いわイマイチなパンしか焼けないわで
使っててイライラした前号。

8ヶ月ぶりにピカピカのロケスト。
パンにごはんにおいしいこと。
使うのがうれしくなるこの道具で普段の暮らしをめいっぱいたのしみたい。
1mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 仕上げは熾火で

パスタを作るのに使う薪の量は片手で持てるほどだ。
すぐに茹だる手打ち麺とはいえ、茹でるためのお湯は10分もしないうちに沸く。

今日のパスタソースは今とてもおいしいにんじんの葉っぱで作ったジェノベーゼ。
2mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 先日の嵐は木々の枝を随分落としていってくれたよう。
ただでさえ落ち枝の多いこの季節、あっという間に袋いっぱい。
寄ってくる虫に刺されることも減ったし、薪拾いがとても楽になったなー。

ウラヤマで拾い集めた燃料で今日もいいパン焼けました。
2mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 切ってオリーブオイルを廻しかけ、塩をパラリ。
窯に入れて薪をくべる。
ただそれだけなのにすんごくおいしい。
同じ窯で焼いたパンとまた合うんだな。これが。
2mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 パンを焼いたあとは焼き芋も。

少しだけ薪をくべたあとは、窯の余熱と熾火に任せて放っておく。
焼けたらスライスして干して保存するのだ。

寒さに弱いさつまいも。
数年前の大寒波がやってきた冬、秋にせっかく収穫したものの大部分がダメになった。
それ以来パンと芋はセットなのだ。

ちょっとの燃料で作れるし、なにより干し芋おいしいもんね。
2mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 いい春菊を採ってきたので早速ソースに。
粉も捏ねて今日はパスタだ!
3mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 庭で採れた柿で起こした酵母のパン。
秋の実りのおいしいたのしみ。
3mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 ウチのはたけのものをウラヤマで拾い集めた燃料で調理する。

わたしにとってロケットストーブは、ウラヤマと暮らしをむすびつけ、調理におけるエネルギーの自給を可能としてくれる道具だ。

身近にあるもので過ごせる暮らし。

そんなちいさな暮らし方がとても気に入っている。
先日、パンと交換で新しい道具が届いた。

いろんなスペシャリストの知恵と技術が集結してできたうつくしいゴトク。

さて、使っていくことがたのしみだ。
4mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 瓦のロケットストーブのいい点は
要らなくなった瓦を調達できれば作るのに特別な道具が要らず、
材料費もかからないことだろう。

またメンテナンスも同様、高温になることで割れる瓦を交換するだけですむ。

一方、灰の処理や燃費、そして薪のくべやすさはペール缶タイプに軍配があがるかな。
4mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 土台の生地にはウチの小麦のふすまをたっぷりと。

挽くことで出るうれしい副産物。
6mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 たくさん採れたバジルでソースを作ったのでパスタを打った。
あっという間に茹だるのを水で締め、一緒に茹でたオクラや生のトマトとあえていただく。

朝晩は涼しくなったけど昼間は暑い。
外なので熱がこもるということはないけれど
火のそばでつきっきりな炒めものをする気になるのは、まだもう少し先になりそう。
6mon

» LOG IN to write comment.

naoko96 コンロと窯を持って出かけ始めた年だった。

わたしができることは、
それらの道具を使うことを通して
やまにある資源の魅力を提案することだと思っている。

1年ぶりに打ったそばはイマイチだったけど
焼き納めに最高にいいパンが焼けた。

来年はどんなたのしいことができるかな。
1y

» LOG IN to write comment.

naoko96 伸びてきた小麦を踏む。
ええんかいなと思いながらもなんかたのしい。

しばらくしたらなにごともなかったかのようにむくりと立ち上がっている。
たのもしいねえ。
1y

» LOG IN to write comment.

naoko96 飾るリースと食べるリースと。

材料は、薪拾いのついでにやまで調達したものとはたけで育てた木綿。
火のそばで編みながら薪をくべて焼いたリースははたけで採れたじゃがいも入り。
1y

» LOG IN to write comment.

naoko96 薪拾いに行くのがたのしいのは、おいしいこととつながってるからかな。

焚き付け用の細枝やロケットストーブでは十分な戦力となる直径3㎝ほどの枝。
数日置いて乾かして、足で折りながら使えるのは、 メンドクサガリのわたしにはちょうどいい。

拾い集めて約30分。
袋いっぱい、背中に担いで7.2㎏。
1日分の調理には十分な量。
1y

» LOG IN to write comment.

naoko96 原始機という方法でマフラーを織った。
特別な道具は全く使わず、自分の体も経糸を張る道具のひとつとして活用する方法。

身近にあるもので織物ってできるんだなあ。
1y

» LOG IN to write comment.