lemophoto 履くものの要らない生活。

ご飯を食べに、ビーチを歩いていく生活。

隣の部屋のクレイジーなイギリス人のおっちゃんは、毎年数ヶ月ここで暮らしているせいか、今年の滞在2ヶ月ですでに、もう何十足ものスリッパをどこかに忘れて帰っているそう。

僕も裸足に慣れてきた。
1d

» LOG IN to write comment.

lemophoto ヒコーキでビューンと飛んで、ゴアにいます。 3d

» LOG IN to write comment.

» LOG IN to write comment.

lemophoto こんなとこ来ましてん。 6d

» LOG IN to write comment.

lemophoto なんじゃこの木。 1w
  •   necotacuro 根っこ?枝?すごいフォトジェニックな木だね〜♡日本にあったらちょっとした観光地化されそうなのに、日常に溶け込んでてカッコイイ 1w
  •   edonanai なんじゃこら 1w
  •   lemophoto @necotacuro まさに!そうやんねぇ。当たり前かのようにそこにある。そんなのがたくさんで、インドは本当に歩きがいあるところ!🌜 1w
  •   lemophoto @edonanai なんじゃこら! 1w

» LOG IN to write comment.

lemophoto この景色。この食事。 1w

» LOG IN to write comment.

» LOG IN to write comment.

lemophoto この街には、猿がたくさん。

#バラナシ #インド #varansi #India
2w
  •   mikkeru Wow, they are huge. So different from Japanese monkeys. 2w
  •   tattoosbyshu 次は国境越えのポカラかな?笑。頑張ってね! 2w
  •   lemophoto @mikkeru あれ、日本のってもっと小さかったっけ?結婚おめでとう\(^o^)/ 2w
  •   lemophoto @tattoosbyshu もうすぐ、デリーに着きます!! 2w
  •   mikkeru @lemophoto うん、もっと小さくて丸くてふわふわやったよ! お祝いありがとう 2w
  •   lemophoto @mikkeru 前回行けなかったし、次回は遊びに行きたいなー! 1w
  •   mikkeru @lemophoto うん、是非!また近くに来るときあったら教えていろいろお話ししたい! 1w

» LOG IN to write comment.

lemophoto じぃちゃん&犬vs猿 2w
  •   necotacuro ナイスショット!インドの見ザル言わザル聞かザルだね~ 2w
  •   edonanai じいちゃんと犬がチームなんや 笑 2w
  •   lemophoto @necotacuro バラナシは猿がめちゃくちゃたくさんいる!! 2w
  •   lemophoto @edonanai 基本的に犬は人間の味方やろ!笑 2w

» LOG IN to write comment.

  •   lemophoto @takeiteasy122 犬が浮いてます。現地のにぃちゃんに聞くと、この犬はこの写真を撮る前日まで病気で街をフラフラしてたそうです。そしてついに倒れたのを、誰かが河に運んであげたそうです。 2w
  •   lemophoto @yuyankjm バリ不透明。 2w
  •   lemophoto @e_m_i_l_l_a 牛も人も見ました!ピュアな生物はそのまま焼かれずに河に流されるそうです。 2w
  •   lemophoto @edonanai いちいちカラフルやで。 2w
  •   yuyankjm 頭に巻きものしたセルフィーはよ 2w
  •   e_m_i_l_l_a @lemophoto インドかなりエグいね。しょうたくんの写真と文章がパリより生き生きしてる。インド行ってみたいと思い始めてます。 2w
  •   lemophoto @yuyankjm ターバンはどこの地方やろ。 2w
  •   lemophoto @e_m_i_l_l_a インド、かなりエグいです。生き生きしてます!エミラさんも是非ともインドへー!!安全ではありませんが、エミラさんなら大丈夫そうですね! 2w

» LOG IN to write comment.

lemophoto 道路で体洗うおっさん

#コルカタ #インド
3w

» LOG IN to write comment.

  •   necotacuro いい写真♡ルックスは日本の焼きそばに似てるねぇ 3w
  •   tattoosbyshu サダルのチャーメンかな? 3w
  •   lemophoto @necotacuro なんかそんな感じやった!めっちゃ美味しかったよ!スパイス効いてて! 3w
  •   lemophoto @tattoosbyshu チャンディチョーク駅近くのチャーメンです!ここの近くに泊まっています。夜遊びスポット教えてください。笑 3w
  •   yaka421 明後日デリーにフライトです!空港近辺いらっしゃらないですよね? 3w
  •   lemophoto @yaka421 デリーかぁ!いないなぁ。その時にはバラナシってとこにいる。バラナシまでおいで笑 3w

» LOG IN to write comment.

lemophoto arrived at Kolkata.
The view from my room.

コルカタに着きましたー!
今回の寝台列車でも人に恵まれ、楽しい旅路となりました。
コルカタは評判良いのでワクワクです。
3w

» LOG IN to write comment.

  •   necotacuro 日本の列車にはない経年具合だねぇ!『暁の寺』、ベナレス以外のインド各地の描写もいっぱいあるの。私も行ったことあるバンコクの描写はぐぉ〜っ!て感動したいつかインドに行く日は『暁の寺』を絶対持って行こうと思うよ 3w
  •   lemophoto @necotacuroもっと古いのもあるよー!寝台列車面白い。バンコクの描写も面白そうやね!インドを精一杯吸収して帰る!! 3w

» LOG IN to write comment.

» LOG IN to write comment.

lemophoto am at #suntemple near Puri

サンテンプルとかいう11世紀頃にできた寺に原付きできました。
インド運転するのかなりタフです。
3w
  •   necotacuro タイにあるのが暁の寺なら、これは太陽の寺かぁ人々が着てる衣服が色鮮やかで映えるね、日本の寺ではこうはいかない 3w
  •   b1pd1ez Tы в кypce пpo пpилoжeниe для apмян ARMFRIEND ?? All Armenians in ArmFriend) 3w
  •   lemophoto @necotacuro 太陽は色を助長するからねぇ!この感じはかなりインド独特な感じ!日本の寺にも興味がでてきたー!🌝 3w
  •   sushichefinstitute Shota! 3w
  •   lemophoto @sushichefinstitute アンディさん、お久しぶりです!元気いっぱいインドで生きてます! 3w

» LOG IN to write comment.

lemophoto だそうです。

#インドの教え
4w
  •   necotacuro ↑勉強になった 暁の寺のベナレスの抜粋部分ここに書くね。読みづらいけど良かったら時間あるとき読んで 4w
  •   necotacuro
     ベナレスは、神聖が極まると共に汚穢も極まった町だった。日がわずかに軒端に射し込む細径の両側には、揚物や菓子を売る店、星占い師の家、穀粉を秤売りする店などが立並び、悪臭と湿気と病気が充ちていた。ここを通りすぎて川に臨む石畳の広場へ出ると、全国から順礼に来て、死を待つあいだ乞食をしている癲者の群が両側に列をなしてうずくまっていた。たくさんの鳩。午後五時の灼熱の空。乞食の前のブリキの缶には数枚の銅貨が底に貼りついているだけで、片目は赤くつぶれた癲者は、指を失った手を、剪定されたあとの桑の木のようにタ空へさしのべていた。
     あらゆる形の不具がおり、侏儒が跳びはねていた。肉体は共通の符号を欠いた、未解読の古代の文字のように並んでいた、それは腐敗や頹落によってそうなったのではなく、ねじくれ、歪められた形そのものが、そこから依然肉の生々しさと熱さを以て、忌まわしい神聖な意味を吹き出させているかのようだった。血や膿は、夥しい蠅によって、花粉のように運ばれていた。蠅はみな肥え、緑金に輝やいていた。 4w
  •   necotacuro
     川へ下りてゆく右側には、色あざやかな聖紋を描いた天幕が張られ、僧侶の説教をいている人々のかたわらに、布に包まれた屍が横たえられていた。すべてが浮遊していた。というのは、多くのもっとも露わな、もっとも醜い、人間の肉の実相が、その排泄物、 その悪臭、その病菌、その屍毒も共々に天日のもとにされ、並の現実から蒸発した湯気のように、 空中に漂っていた。ベナレス。それは華麗なほど醜い一枚の絨毯だった。千五百の寺院、朱色の柱にありとあらゆる性交の体位を黒檀の浮彫であらわした愛の寺院、ひねもす読経の声も高くひたすらに死を待っている寡婦たちの家、住む人、訪う人、死んでゆく人、死んだ人たち、瘡だらけの子供たち、母親の乳房にすがりながら死んでいる子供たち、……………これらの寺々や人々によって、日を夜に継いで、喜々として天空へ掲げられている一枚の騷がしい絨毯だった。
     広場は川へ向って斜面を作り、行人が自然にもっとも重要な水浴階段、十馬犠牲のガートへ導かれるようになっていた。創造神ブラーマが十頭の馬を犠牲に捧げたと伝えられているところである。 4w
  •   necotacuro
     そこに水嵩もゆたかに湛えた黄土色の河こそはガンジスだった!カルカッタで真鍮の小さな薬缶に恭しく納められ、信者の額や生贄の額へわずかずつ注がれていた聖水は、今目前の大河になみなみと湛えられていた。それは神聖さの、信じられないほどの椀飯振舞なのであった。
     病者も、健やかな者も、不具者も、瀕死の者も、ここでは等しく黄金の喜悦に充ちあふれているのは理である。蠅も蛆も喜悦にまみれて肥り、印度人特有の厳粛な、曰くありげな人々の表情に、ほとんど無情と見分けのつかない敬虔さが漲っているのも理である。本多はどうやって自分の理知を、この烈しい夕陽、この悪臭、この微かな瘴気のような川風のなかへ融け込ませることができるかと疑った。どこを歩いても祈りの唱和の声、鉦の音、物乞いの声、病人の呻吟などが緻密に織り込まれたこの暑い毛織物のような夕方の空気のなかへ、身を没てゆくことができるかどうか疑わしい。本多はともすると自分の理智が、彼一人が懐ろに秘めた匕首の刃のように、この完全な織物を引裂くのではないかと怖れた。
     要はそれを捨てることだった。少年時代から自分の役割と見做した理智の刃は、すでにいくたびかの転生の襲来によって、刃こぼれのしたまま辛うじて保たれていたが、今はこの汗と病菌と埃の人ごみの中へ、人知れず捨ててゆくほかはなかった。 4w
  •   edonanai なるへそ 笑 4w
  •   lemophoto @necotacuro おお!!!おねぇちゃん、ありがとう!今日の夜ゆっくり読むよー!わざわざ、本当にありがとう! 3w
  •   lemophoto @edonanai まぁ、色々と疑問はあるけどな笑 3w
  •   lemophoto @necotacuro ほえー!これが三島の見たインドかぁ。。今インドにいるせいか、手に取るように思い浮かぶ。 3w

» LOG IN to write comment.

lemophoto arriving at Chennai 4w
  •   necotacuro 小型旅客機こわそう!(笑)心躍るね、このムービー♬三島由紀夫の小説、『暁の寺』ってやつで豊饒の海シリーズの三巻なんよ正確にはタイのバンコク→インドのベナレス含む各地→東京→箱根って舞台が移るんだけどね 4w
  •   lemophoto @necotacuro こわいよ笑 そうなんや!面白そう!旅の描写がどんなもんか見てみたい!帰ったら読もっと!ありがとう!🌜 4w

» LOG IN to write comment.

lemophoto フルーツの戦争

フルーツは、隣り合わせてると腐らせあうんです。
そういう気をだす。
だから、離して保管しないとすぐにダメにしあう。
こんな環境、フルーツにとって最悪だろうな。

#フルーツ戦争
4w
  •   bonbonheur7 知らなかった〜︎気をつけます♩ 4w
  •   necotacuro カオスな色合い素晴らしい♡さっき読み終えた三島の小説の舞台がインドの聖地ベナレスで、描写がキョーレツだったよ! 4w
  •   edonanai 綺麗な色合い! 4w
  •   lemophoto @bon2heur7 フルーツ美味しいですよね!大好き! 4w
  •   lemophoto @necotacuro なにそれー!面白そう!その街に行ってみてから、それ読んでみたい。 4w
  •   lemophoto @edonanai マジ謎なフルーツ多い 4w

» LOG IN to write comment.